メーカーを比較してランドセルを選ぶ

イオンのランドセル売り場

購入するランドセルを選ぶ場合のポイントの一つが、メーカーの比較を行うということになります。

各メーカーごとに様々なランドセルのブランドが存在しているので、それらの特徴を比較して子供にとって良いものを選択することが大切なことになるのです。

例えばランドセルというのは、小学校1年生から6年生まで使用する物です。

そのため、1年性でも6年性でも使いやすいものを選択するということが大切なことになります。

メーカーごとのランドセルの重さや通気性、さらには収納スペースなどの点を考慮して選ぶ必要があります。

実際に子供に背負わせてみて使いやすそうなタイプのランドセルを選ぶということも大切なことになります。

口コミの意見を参考にすることも選択肢の一つです。


2015年人気のランドセルの素材は人工皮革クラリーノ

クラリーノは40年以上の歴史を持つランドセル用の素材です。

お母様世代の中にもクラリーノのランドセルを使っていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クラリーノという名称はランドセルの種類やメーカーの名称ではなく、使用されている人工皮革の素材のことを言います。

クラリーノは本革である牛革や馬革と異なり軽量であること、防水性が高いこと、型崩れがしにくいこと、手入れが簡単であることなど多くの特長があることから、長年にわたってランドセル素材として広く愛されてきました。

またクラリーノの素材の特徴から、ランドセル以外にも靴やかばん、バレーボールやカメラケースやハンドルカバーなど、広い用途に使用されています。


今年の新一年生の人気のランドセルは軽いもの

ランドセルのトレンドは高級感ある牛革のものからより軽い素材へと変わってきています。

牛革は高級感がありますが、その分重量もかさんでしまうのが難点です。

新一年生はまだまだ体が小さいので、重い教科書を入れて登校するのが大変なストレスになってしまいます。

少しでも荷物を軽くしてあげたいと軽量のランドセルが人気となっているのです。

クラリーノなどの人工皮革は軽量化が魅力で、まだまだ小さな新一年生でもしっかりと背負って登校することが可能なのです。

最近では軽くてもたっぷりと入る容量の大きな商品も出ていますので、上級生になった時にたくさんの教科書を入れることも可能です。

体のサイズに合わせてずっと長く使い続けることができるランドセルを選びましょう。